HOME > 医療関連新着ニュース > [記事紹介]地域医療における薬剤師の新たな役割

医療関連新着ニュース

医療関連のニュースの中から注目のニュースをピックアップしてお届けします。

区切り線

2014/9/29

[記事紹介]地域医療における薬剤師の新たな役割

 医学書院のホームページで掲載されている週刊医学界新聞(第3094号)にて「地域医療における薬剤師の新たな役割」という記事が寄稿されています。地域医療における薬剤師の役割や、医薬連携の在り方などについての意見が掲載されています。読みごたえのある記事でしたのでご紹介します。

以下引用
-----
厚労省が地域包括ケアという概念を示し,今年度の診療報酬・調剤報酬改定では新しい項目も追加され,いよいよ地域医療におけるチーム医療は理論から実践の時期に入った。要介護高齢者の在宅や介護施設での薬物治療が,地域医療の主体となった今日,医師や看護師に加え,大きな社会資源へと成長した薬剤師を活用することは,自然な流れとなりつつある。

 その一方で,在宅医療における薬剤師のかかわりはまだ始まったばかりであり,導入期特有の混乱も散見される。本稿では,医師および薬局経営者として在宅医療に携わるとともに,薬学教育や薬剤師生涯教育にもかかわる立場を踏まえて,これから期待される地域医療における医薬連携の在り方について私見を述べる。

記事全文は以下より(医学書院ホームページ)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03094_05
-----

地域医療における薬剤師の役割や、薬剤師の環境の変化、医師と連携した薬剤師の仕事の変化などについて詳しく記載されていますのでぜひ目を通してみてください。薬剤師の方だけでなく医師の方や地域医療に関わる方などにとっても読みごたえのある内容になっています。