HOME > 医療関連新着ニュース > 薬服用歴未記載、イオン系でも 20店で7万8000件

医療関連新着ニュース

医療関連のニュースの中から注目のニュースをピックアップしてお届けします。

区切り線

2015/2/22

薬服用歴未記載、イオン系でも 20店で7万8000件

 最近、大手薬局チェーン「くすりの福太郎」で患者の薬剤服用歴を作成していなかった問題が話題となりましたが、また別のドラッグストアでも薬剤服用歴を記載していなかった問題があったことが分かりました。

以下引用
-----
■薬服用歴未記載、イオン系でも 20店で7万8000件
 イオン系ドラッグストアで「ハックドラッグ」を展開するCFSコーポレーションの調剤薬局で、薬剤師が薬剤服用歴(薬歴)を記載しないまま患者に薬を出していたことが22日、同社への取材で分かった。少なくとも20店で約7万8000件に上り、同社は2月末をめどに全店を調査する。

記事全文は以下より(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H1Y_S5A220C1CR8000/


■イオン子会社も薬歴未記載=「ハックドラッグ」7万件超
 流通大手イオン子会社でドラッグストア「ハックドラッグ」などを運営するCFSコーポレーション(東証1部、横浜市)の調剤薬局で、患者の薬剤服用歴(薬歴)を記載しないまま薬を出し、不適切な診療報酬を受け取っていた可能性があることが22日、同社への取材で分かった。少なくとも20店で約7万8000件に上るといい、同社は2月末をめどに全店を調査し、厚生労働省に報告する方針。

記事全文は以下より(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022200066&g=soc
-----

ドラッグストアの薬剤服用歴未記載問題が広がりを見せています。くすりの福太郎が薬剤服用歴を作成していなかった問題が大きく話題になりましたが、大手ドラッグストアチェーンのハックドラッグでも同様の問題が浮かび上がりました。立て続けに2件の大きな問題が出てきたということは、今後も似たような問題が出てくることが予想されそうです。大手でもこのような問題が次々と起こってしまうわけですから、運用の仕方ややチェック制度など何かしら見直しする等の大きな変化が必要なのかもしれませんね。