HOME > 医療関連新着ニュース > 無資格の事務員が調剤 1部上場薬局チェーン傘下薬局

医療関連新着ニュース

医療関連のニュースの中から注目のニュースをピックアップしてお届けします。

区切り線

2015/5/13

無資格の事務員が調剤 1部上場薬局チェーン傘下薬局

 全国的に調剤薬局チェーンを展開しているファーマライズホールディングスの傘下の薬局で、薬剤師資格のない事務員が飲み薬を作るなどの無資格調剤を行っていたことが判明しました。

以下引用
-----
■無資格の事務員が調剤 1部上場薬局チェーン傘下薬局
 東証1部上場の調剤薬局チェーン「ファーマライズホールディングス」(東京都中野区)は11日、首都圏にある傘下薬局の事務員が無資格で調剤を行っていた事例があったと明らかにした。厚生労働省によると、同社から4月下旬、「薬剤師資格を持たない事務員が1、2回、塗り薬の配合を行っていた」と報告を受けたという。

記事全文は以下より(産経ニュース)
http://www.sankei.com/life/news/150511/lif1505110016-n1.html


■薬剤師資格のない事務員、飲み薬を調剤 首都圏の薬局、厚労省が聴取
 朝日新聞は、薬剤師法が禁じる無資格調剤の様子が録音された音声記録を入手した。薬剤師資格のない事務員が飲み薬を作るなどしている記録は、昨年11月から今年3月まで続き、調剤の様子だけでなく、患者とのやりとりも含まれている。

記事全文は以下より(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASH5B639NH5BUUPI00J.html
-----

薬剤師しか行ってはいけないことを薬剤師資格のない人物が行っていたとなると、薬局や薬剤師の信頼に関わる大きな問題です。利用者としては、資格を持った薬剤師ということで信用して任せているわけですからそこを偽装されては裏切られたような気持ちにもなりますね。利用者側から見抜くことは非常に困難でしょうし、このようなことの無いよう会社としてもしっかりと対応してもらいたいものです。