HOME > 薬剤師転職のポイント

薬剤師転職のポイント

 薬剤師の方が転職をスムーズに成功させるための重要なポイントを解説します。転職のやり方が分からないという方も参考にしてください。

薬剤師の転職には求人サイト利用が非常に有利

 薬剤師の転職方法は大まかに分けて次のような方法があります。
1.ハローワークを利用して転職
2.一般の求人サイトを利用して転職
3.薬剤師専門の求人サイトを利用して転職
4.知人の紹介を経由して転職
5.自分で求人を探して転職

このように、転職の仕方は一般的な職業とそれほど差はありません。自分一人で転職するか、転職支援の機関を利用するか、知人経由で転職するかの3タイプになります。
次に、これらの転職方法のメリットやデメリットを比較してみたいと思います。

 メリットデメリット
ハローワーク全国に窓口がある薬剤師の求人が少ない
条件の良い求人が少ない
一般求人サイト担当コンサルタントが付く薬剤師の求人が少ない
条件の良い求人が少ない
質の悪いサイトも存在する
薬剤師専門求人サイト担当コンサルタントが付く
薬剤師の求人が非常に多い
質の悪いサイトも存在する
知人の紹介紹介なのでスムーズに転職できる紹介してくれる人が少ない
転職先で問題が起きた時に辞めにくい
自分で転職自分のペースで転職できる求人を探すのが大変


これらのメリットやデメリットを一つ一つ解説していきたいと思います。

まずハローワークでの転職ですが、メリットはもちろん全国に窓口があるところです。公的機関が運営しているわけですから、しっかりと窓口が設置され、いつでも対面での転職相談が出来ます。
デメリットは薬剤師の求人自体が少ないことです。ハローワークは様々な職種が扱われており、薬剤師の求人というのはあまり多くありません。条件に合う求人を見つけるだけでも苦労すると思われます。

次に一般的な求人サイトでの転職です。リクナビ転職やマイナビ転職などの総合的な転職支援サービスが該当します。一般求人サイトを利用するメリットは担当コンサルタントが付くところです。転職に関するアドバイスや面接の動向など、さまざまなサポートを受けることができますし、利用料は基本的に全て無料です。転職の際には心強い味方となるでしょう。
反対にデメリットは、こちらも薬剤師の求人が少ないことです。一般の転職サイトは様々な職種を扱っているので薬剤師の求人が少ないです。これはハローワークと一緒ですね。なので目当ての求人にたどり着くこと自体が難しいです。また、転職サイトの中にはあまりサービスが良くないところもあります。そういったサイトは評判をチェックするなどして避けるようにしてもらえればと思います。